を使えばパックいらず!

ととのうみすと パック

毛穴ケアをしたいときに真っ先に思い浮かぶのがパックでのケア。

 

お風呂上りにフェイスパックをしてスキンケアをしている方も多いと思いますが、パックをするのって面倒じゃありませんか。

 

一度貼ったら10〜15分くらいはそのままにしないといけないですし、上手く貼れないと髪の毛についてべたついたりするのが嫌ですし、そもそもマスクの形と顔の形が合わないこともありますよね。

 

他にもお風呂上がりのパックは冷たくて貼るのも難しかったり、取り出すときに2枚一緒に出てきて1枚戻すのを別の日に使うのはなんか不衛生な感じもして、衛生面からもちょっと使いたくない気分になったりもします。

 

でも、ととのうみすとならこれ1本でOKだからわざわざフェイスパックをする必要はありませんし、時間も1分かからないでケアすることができますから、パックをしているときのわずらわしさもありませんから、面倒に感じている方にとってはかなり嬉しいアイテムになってくれますよ。

 

ととのうみすとはすぐに結果が出てくれるのも嬉しいですし、継続していくことでファンデーションの厚塗りもだんだんしなくなっていくのも嬉しいですし、1本あるだけでこれまでに体験したことのない感覚になれるのが他と違って評価できますね。

ととのうみすとを使ったパックのやり方

ととのうみすとを使えば面倒なパックをする必要もなくなりますが、気分的にパックをしたいという方もいると思います。

 

そんな方にととのうみすとを使ったパックのやり方を紹介しますから参考にしてみてくださいね。ちなみに公式サイトで推奨されているやり方ではないので、効果のほどは保証できませんのであらかじめご了承ください。

 

やり方は簡単でいつもどおりにととのうみすとを使ったら、コットンにととのうみすとを含ませて鼻など気になる部分に張り付けます
これだけです。とっても簡単ですね。

 

お顔全体にこの方法を使うときはそれなりに使用量が必要になるので、あまり効率は良くないのですが、いちご鼻対策など鼻頭の角栓パックとしての使い方としてはぴったりの方法になりますよ。

 

毎日はしなくても2〜3日に1回くらいペースで続けていくとだんだんと毛穴の開きが改善されていって閉じていくようになっていくので、黒ずみ汚れも気にならなくなっていくことが期待できます。

 

ととのうみすとはパックいらずの毛穴ケアができますが、なんとなくパックはしておきたいという方はコットンを使ってととのうみすとを染み込ませてパックしてみるのもいいかもしれません。