ととのうみすとで水が濁らないのは大丈夫?

ととのうみすと 濁らない

ととのうみすとを愛用されている方の口コミ評判を見てみると、使用した方のほとんどが「びっくりするくらい水が白く濁って汚れが落ちているのを実感している!」ということが言われています。

 

なので期待を込めて使ってみたのに、自分が使ったときには思っているよりも水が濁らないで不安に感じることもあるかもしれません。

 

高い効果が期待できるととのうみすとを使っているのにどうして水が濁らないのか、その理由はいくつか考えられます。

 

もっとも考えられる理由としては毛穴が開いていない状態で使っているということが言えます。

 

ととのうみすとが毛穴の汚れを落とすのは毛穴に水が入り込むからで、そもそも毛穴が開いていなければ浸透することもないので、意味がなくなってしまうのですね。

 

ととのうみすとの使い方を確認してみると、まずは洗顔することが言われていますから、普段通りに洗顔をしたうえでととのうみすとを使用するようにしましょう。

 

ちなみに、洗顔をするときは冷たい水ではなくぬるま湯の方が毛穴が開きやすくなってきますので、湯舟にしっかりと使ってから使ったり、ホットタオルで顔を温めたりしてから使うことがおすすめですよ。

 

ととのうみすとを使っているのに白く濁らないという基本的な原因は毛穴が開いていないということが多いのですが、ほかの理由としては皮脂量が少ないということも考えられます。

 

水が白く濁るということは、乳化しているということですが、お肌の皮脂量が少なければ白く濁らないケースもあります。

 

まんべんなく吹きかけてある程度の時間、1分くらいはしっかりと待ってからふき取ったり洗い流したりしましょう。

 

ととのうみすとで水が濁らないのはお肌が本当にキレイでない場合以外は良いことよりも悪いことの方が言えそうですね。

ととのうみすとを使っているのに黒ずみ汚れに効果がない場合

ととのうみすとを使っているのに鼻頭の黒ずみ汚れがキレイにならないという方もいたりします。

 

効果がないと感じると思いますが、その場合は黒ずみ汚れの原因が別のところにある可能性が高いですよ。

 

ととのうみすとでキレイにできるのは皮脂や角栓による黒ずみ汚れであって、メラニンによる黒ずみは落とすことはできません。

 

メラニンによる黒ずみはお肌のターンオーバーが必要になるので、毎日のケアはもちろん大切なのですが、数か月単位で変化していくものになるのでどうしても時間がかかってしまいます。

 

もし、ととのうみすとを使っているのに効果がないという場合は、メラニンによる黒ずみの可能性がありますから、美白ケアをした方が適していると思いますよ。

 

お肌のターンオーバー期間もととのうみすとを使い続けることで、白く濁るようになったという効果を実感している方もいますから、とりあえずは1本使ってみるのがいいでしょう。

 

正しい使い方をして、何度も続けていくことで汚れがキレイになるのはお掃除もお肌のお手入れも同じですから、ととのうみすとを使ってすぐに効果が出なくても焦らずに使い続けてみてくださいね。